読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sympathist

あなたと共感でツナガルブログ

Amazon革命!もうお店でレジに並ばない!?『Amazon Go』を発表!

スポンサーリンク

f:id:kiminonaha03:20161206204906j:plain

またもや世界のAmazonが米国時間12月5日に『Amazon Go』というレジのないAIが活用されたリアル食料雑貨の店舗を発表。

 

コンセプトは「行列も精算もレジもないお店」「そのまま歩いて出る(Just Out Walk)」

 

 

お客さんが店舗で商品を取ってそのまま外にでるだけで課金されるシステムでレジの長蛇列に並ぶ必要がなくなり、時間がない時にもスマートなショッピングが可能になるということ。

 

このシステム技術が問題なく実現できれば、世界中で採用されて一気に浸透しそうですね。

 

現在は米シアトルにある本社で従業員だけが利用できるβテストを行っており、2017年には一般客に向けての営業を開始する予定です。

 

それでは、Amazonが開発したこのシステムの内容を見ていきましょう(・ω・)ノ

 

 

1.『Amazon Go』ってどんなシステム?

f:id:kiminonaha03:20161206223600j:plain

店内では監視カメラを連携したAI(人工知能)によるセンサー探知技術、画像認識技術、ディープランニング(深層学習)技術などの応用によって管理されており、店に入るときにはスマホで専用アプリを開きゲートに通すことによって入店履歴がチェックされる。

 

そして、店内で好きな商品を選び手に取ればセンサーが感知し、そのまま外に出ればAmazonの個人アカウントで自動的に精算されるという仕組みになっている。

 

もし店内で一度に大勢のお客さんが商品を手にしたり、出ていくときのセンサーによる誤作動や精度がどれほどのものなのかが気にはなるが、4年かけて開発されているのでたぶんその辺の技術もクリアしているのだろう。

 

ここでセンサーの目を簡単にかいくぐられるようならば様々なトラブル予想されるので犯罪などを防止する上でもこの技術の精度の真価が問われそうだ。

 

ちなみにこの技術には「自動運転車と同種の技術」(同社)が使われているそうで、まだ「自動運転車の技術自体」も試験段階では問題なかったことが、実際の現場に投入されると予期せぬ条件では誤作動するなどの問題も浮かび上がってきているので、今の内にあらゆる条件を想定して様々な課題をクリアし、是非ともこのシステムの信用性を世界中に広めて安全に運用されることを願っている。

 

2.『Amazon Go』のショッピングイメージ

f:id:kiminonaha03:20161206232801g:plain

まずは、『Amazon Go』を利用するためにはAmazonアカウントを作る必要があります。

 

Amazonプライム会員限定だけが利用できるわけではなさそうなので実質アカウントを持っていれば誰でも利用できます。

 

そしてアカウントを作って専用アプリを導入すれば、

 

①店内の入り口で専用アプリをゲートにタップして入店する。(アカウントの入店チェック)

②店内で欲しい商品を取る。(商品を持つとバーチャルカートに入る仕組み)

③そのまま店外に出れば精算される。(バーチャルカートに入った商品を精算)

 

といった流れでレジに並ぶことなく買い物をすることができるのです。

 

youtu.be

 

てかこれが実現するようになれば超便利ですよね|д゚)

 

毎日、夕方の混雑時に食品の買い出しに出かける主婦の方にとっては強い味方ですよね。子供の世話や家事で少しでも時間を節約したいわけですから、このシステムの導入は大変喜ばれるんじゃないかなと思います(・ω・)ノ

 

 

 

3.『Amazon Go』は世界を変えれるのか?

f:id:kiminonaha03:20161206233950j:plain

この『Amazon Go』が日本上陸すれば、忙しい日本人にとってはまさに待ちに待った未来型リアルスーパーの最終形の誕生ということになる。

 

だが『Amazon Go』がもし成功しても世界各国全てに導入されるという日はまだ遠いような気がする。その国の情勢や治安なども関係してくるだろうし、店舗を構えている以上は全くの無人というわけではないので、やはり何かしらの新たな犯罪問題も生まれるだろう。

 

また、お国柄によっては利便性よりも人と人の繋がりを大事にする価値観があったりするので、一概にこのシステムが万国に受け入れられるかは未知数な部分があるように思う。

 

しばらくは先進国の人口の多い都市で徐々に展開されていくのではないかと思うので、その挙動も今後楽しみに注目したみたいと思う。

 

Amazonプライム会員のお得なサービスを紹介した記事はこちら

 

超便利なAmazonプライムで快適ライフを手に入れよう! - Sympathist

 

それでは。また(・ω・)ノ